2017年12月15日金曜日

12月15日

石川汎監督「世界でいちばん美しい村」を監督のご厚意で日本人会の会員向けに上映していただきました。2年前の4月の地震の震源地の村ラプラックの住民の悲しみと復興の足取りをドキュメンタリーにしたものです。人口4,000人のグルン族の村ですが、この村だけのグルン語方言を話すそうです。

主人公の家族も参加してくれました。皆さんカトマンズは初めてだそうです。バスに乗ったのも。主人公の長男は聴衆の前で実に堂々と挨拶します。カトマンズで就学したいとのことです。食事を一緒にしてもらいましたが、初めての日本の食べ物をおいしそうに楽しんでいたのにはほほえましさを感じました。

この家族と話しながら、私の時計は45年前にさかのぼります。当時、東部山地オカルドゥンガ郡のルムジャタール村に1年間住んで農村社会調査をしていました。ここもグルン族の村です。

この村まで、ラムサングからチャリコット経由で1週間歩きました。エベレストに登頂してきたばかりのソナム・ギャルツェン・シェルパがガイドしてくれました。

寝る場所は民家の軒先です。食事も民家で作ってもらうことがありました。謝礼は1ルピー(当時で18円)です。高地の茶屋ではジャガイモの蒸したのを出してくれました。ピンポン玉程度の大きさが格段においしいのです。私の足が遅くてバザールに行きつかないときは、ソナムが野の草を摘んでサーグ(菜っ葉)炒めにします。

モンスーンのさなか毎日ヒルに吸われます。雨の中を山中の掛け小屋に泊まった時です。見知らぬ人をナイフで刺した夢を見ました。朝起きると手のひらにべっとり血がついています。正夢かと慌てますが、夜中にヒルが吸い付いた痕でした。

オカルドゥンガバザールから1時間ほど離れたテカンプール村にミッション系の病院があり伊藤先生とご家族が住んでいました。ここに着いた途端激しい嘔吐と下痢に襲われました。山中の食事や水からジアルジア原虫をもらって発症したようです。今日に至るまで、体力が落ちた時に発症します。

目指す村まであと4時間です。村では下宿先を決めて一度カトマンズに戻ることにしました。帰路は道を南にとってスンコシ河を越えてジャナクプールに出ました。


(スガジイ)

2017年12月8日金曜日

12月8日

このコラムで時々数字を使います。前回のPM2.5の話題でも引用しました。数字は物事を比較するのにとても便利な道具なのです。しかし使いようによっては無味乾燥なシロモノに映ります。

私は自分では論理的でなく情緒的な性格と思っています。中学3年の2学期に突如数学の解き方がわからなくなり、それ以来数字がとても怖くなって嫌いになりました。とてもショッキングな出来事であり、トラウマとなっています。

サラリーマンを経験された皆さんはいつの時代が楽しかったとお考えですか。私は何といっても平社員時代でした。現代のように残業時間管理も厳しくなく、毎日深夜帰宅の状態でしたが、任された仕事の結果を見るのが快感でした。失望も随分味わいましたが。

管理職になると不快な仕事が増えます。部下の管理は大嫌いでしたし、上司との夜の付き合いには辟易としたものです。何よりも事業の結果は数字で出てきますが、数字のプレッシャーは耐え難いものがありました。部下の業績評価の点数付けほどつらいものはありません。

カトマンズで日系企業の経営相談にあずかり決算分析や期中の数字の意味合いを指導するようになると、やはり数字があまり好きではないネパール人の幹部に生き物としての数字を教えるよう腐心することになります。自分の現役時代にこのことに気づいていればもっと楽しく仕事ができたかと後悔するばかりです。

さて、スポーツの評価はすべて数字で結果が示されます。ゴルフなど打った数を競う単純なゲームです。ところがカウンティングが曲者なのです。スコアを意識するあまり、特に終盤になると残りホールをボギーで上がれば100が切れる90が切れると数え始めます。途端に平静心を失い結果は惨めなものになります。

今年日本で4回プレーしました。どのコースも美しくて、歩くだけで気分がよくなります。コンペでもスコアは気になりません。とにかく無心のプレーが楽しいのです。

数字とは今後も付き合わざるを得ませんが、数字に拘泥して物事の本質がゆがめられないように気を付けたいと思うこの頃です。

(スガジイ)

2017年12月1日金曜日

12月1日

ダサイン、ティハールと秋のお祭りの間日本に帰っていました。10月下旬にカトマンズに帰任した私の鼻はすっかりPM2.5測定器になりました。

もともと40年来花粉症に悩まされています。カトマンズでもヒノキに似た木の花粉が飛ぶ2-3月はつらいものがあります。ここ10数年カトマンズに住んで鼻炎は慢性化してしまいました。それにしても今年の秋の空気の汚れはひどくないでしょうか。

部屋にいるときはそれほど感じませんが、大通りに出ると途端に鼻がムズムズしはじめてくしゃみが出ます。カトマンズの秋は空がもっと澄んでいたような気がします。飛行機から街を見るとくすんで見えます。

最近Numbeoから世界の269都市の大気と水の汚染度ランキング(2017年半ば)が発表になりました。我がカトマンズは堂々のワースト5位です。10位までに南アジアの6都市が入っています。

ニューデリーが13位であるのが不思議です。ニューデリーのPM2.5500/㎥(マイクログラム/立米)を超え、学校が休校となったばかりです。インドはワースト5020都市がランクされています。

ネパール環境局の発表では、ラトナパークで103.5/㎥を記録しています。リパブリカ紙には首都圏17観測点の平均値が毎日掲載されていますが、朝の7-9時が最も高く60-70/㎥です。アメリカ大使館の観測でも70-80/㎥です。

ではガイドラインの数値はどの程度なのでしょうか。世界保健機構(WHO)で25/㎥、ネパール政府で40/㎥です。41-75/㎥は体の弱い人にとっては有害、76-150/㎥は高度汚染でマスク着用を推奨、150/㎥以上は危険、要安全措置、となっています。

カトマンズの大気汚染は自動車の排気ガスが主要因と思われます。この一年の軽油、ガソリンの輸入額の増加はすさまじいものがあります。解決策は自動車のハイブリッド、電気動力への転換が有効と思われるのですが、簡単ではなさそうです。

最後にベスト5をご紹介しましょう。上位からウエリントン(ニュージーランド)、オタワ(カナダ)、レイキャビク(アイスランド)、キャンベラ(オーストラリア)、チューリヒ(スイス)の順です。


(スガジイ)