2017年9月22日金曜日

9月22日


前回はナシ、カキのことを話しましたが、ジュナール(柑橘類)を語らなければ片手落ちになるでしょう。

ジュナールを初めて食べた時、その香り、ジューシーさにすっかり虜になってしまいました。当時はカトマンズの市場にたくさん出回っていたのですが、最近はとんと見かけません。

ジュナールはネパールの在来種ではありません。鎖国時代に政府高官が外国からひそかに持ち帰ったという話を聞いたことがあります。1971年に始まった『ジャナカプール農業開発計画(JADP)』は当時のジャナカプール県をテライから山岳部までを対象地域としていました。1976年にシンズリ郡で栽培されていたのをJADPの専門家が見つけて、のちに始まる『果樹開発計画(HDP) 』の対象果樹となりました。

シンズリ道路を北へ越えた北東斜面にシュレスタさんのジュナール農場があります。彼のお父さんがカブレのバネパからこの地に移住したのだそうです。近隣の農場と異なるのは、苗木の生産をしていることです。HDPが日本のカラタチを台木とした接ぎ木技術を教え、ウイルスフリーの苗木の量産化が可能になりました。

シュレスタさんはジュナール栽培技術を富安裕一さんから教わったと誇らしげです。富安さんは青年協力隊時代にカカニでダイコン栽培の普及に成功して、ダイコンは市場で「富安大根」と言い慣わされていました。ジュナール栽培で富安さんは15年間で100回以上の農村での巡回指導をしたそうです。富安さんの指導した技術は地元の篤農家に脈々と受け継がれています。

シンズリのジュナール組合では日本の援助でジュナールの冷蔵貯蔵庫を建設しましたが、おりしも電力不足で使われないままになっています。一方、シュレスタさんはエネルギーを使わない日本の伝統的な温州ミカンの貯蔵法を習得し、春の高値出荷に成功しています。

さて、ジュナールがカトマンズの市場に出回らないと言いましたが、それもそのはずです。インドのジュース業者が零細農家のジュナールを青田買いしているのです。農家にとっては出来高によらない安心感があるのでしょうが、適正価格が維持できないなかで農家経営が委縮しないか心配です。

(前回と今回は、JICAネパール事務所発行島田輝男著「日本人によるネパール農業開発協力の一断面」2006を参考にしました)

(スガジイ)

2017年9月15日金曜日

9月15日


8月に入ったら、果物屋の店先にカキやナシが並んでいました。いずれも小ぶりでした。
ナシはネパール語で《ナスパティ》、何となく連想しやすい語感です。村に行くと小さくて硬いイシナシがたわわに実っています。この季節、農家の庭先でごちそうしてくれます。

カキはネパール語で何というのでしょうか。私の古い友人の家の庭に渋柿があります。彼らは木に熟すまでおいておき渋を抜くようです。ある日、我が家に籠いっぱいのカキ持ってきてくれたので、妻が干し柿にしてお返ししました。この干し柿つくりは鳥との戦いだったようです。

ナシとカキの日本品種導入は、JICA果樹開発プロジェクト/フェーズ2で実施されました。1992-99年のことです。カトマンズ盆地とカブレ郡が対象です。ナシは豊水と長次郎、カキは甘柿が富有と次郎、渋柿が平核無です。

日本人会婦人部ではバクタプールになし狩りに行くのが恒例でしたが、いつのころからか病気が出て不作続きということで、立ち消えになってしまいました。せっかく根付いた高級果物なので技術を絶やさないようにしてほしいものです。

プロジェクトの後を継いだのが青年協力隊(JOCV)の諸君でした。毎年、盆踊りに秋の果物を出店してくれますが、今年が豊作であることを祈ります。

プロジェクトのリーダーが近藤亨さんでした。JICAプロジェクトに続いて、私財をなげうって「ムスタン開発協会」を設立運営し、ムスタン郡の果樹の普及に努められました。一昨年93歳で惜しまれながら亡くなりましたが、通称『コンジー』でした。『すがジー』は不遜にも跡を継いだものです。

コンジーのすがジー評は、「あんたはいい人なんだが、麻雀をやらないのがタマにきず」。80歳過ぎても徹夜麻雀にいそしんでいらしたそうで、妻は『起きたっきり老人』と揶揄していました。

店先で見たナシ、カキはネパールの在来種か、あるいは導入品種の管理が悪くて大きくならなかったものかもしれません。


(スガジイ)

2017年9月8日金曜日

9月8日

日本に帰ってきました。8月下旬です。あまりの暑さに体が動きません。カトマンズとは1-2度しか違わないのに、何かしたい気持ちが起こらないような意欲をそぐ気温です。体がこの気温と湿度に適応するまでどれくらいの時間が必要なのでしょうか。室内の冷房も影響しているのかもしれません。外気温との差に歳をとった体がすぐに対応できないのかもしれません。

そんな暑さの中、セミは勢いよくないています。アブラゼミです。ジージーゼミとも言っていました。ミンミンゼミもかまびすしく鳴いています。庭の地面には小さな穴がたくさん開いています。セミの幼虫が地中から這い出た穴です。脱皮した殻が気に残ります。夕方にはヒグラシがなきます。

アリは忙しそうにえさを地中の巣に運んでいます。炎天下を何するものぞとの勢いです。きっと地中の巣は涼しいのかもしれません。我が家のアリは黒くて大きめです。
庭の花たちも強い日差しを真っ向から受けて輝くように咲いています。夏の花は鮮やかで強く感じます。紫のサルビアは初夏からずっと咲き続けています。その色と姿は庭の花の中で静かにそして一段の存在感を誇示しています。モクセイは春の様ではなく控えめな香りをそっとにおわせています。

カキの実もだいぶ大きくなりました。今年はあまり実のつきが良くないようです。クワガタのメスがカキの実の汁を吸っています。夏ミカンの実も濃い緑色を少しずつ大きくしています。毎年、マーマレードになる果実です。ホームセンターでは鈴虫を売っていました。涼しげな音色で歌っています。秋が近くまで忍び寄っているのでしょう。カブトムシやクワガタはもう展示していません。無機質な店内ですが、季節の移り変わりがささやかながらもさわやかに感じられます。

10日たち、20日たち、1か月がたったら庭の様子がどのように変化するか、今から楽しみに待ちたいと思います。そしてもう少し涼しくなったら近くの山を歩いて、去りゆく夏と来るべき秋を肌で感じてみたいと願っています。

(スガジイ)